子どもの言葉を育てましょう 地域とともに子どもの言葉を育てる活動をしています。大人と子どもがふれあい、つながりを取り戻しながら言葉を学び、言葉の力を身につけていく。そんな活動をみなさまの地域でも始めてみませんか。

声の力を学ぶ 連続講座

Report みんなでごんぎつねプロジェクト

ちっちゃな木のおはなし

こころの声を「聴く力」

お知らせ

一覧へ

【受講者募集のお知らせ】10/13(木)「声の力を学ぶ連続講座」

2021年度「声の力を学ぶ連続講座」第7回(10月)の募集のご案内です。

東京都では「緊急事態宣言」宣言明けの予定でありますが、感染防止対策の徹底を取ったうえで

開催させて頂くこととなりました。

安心してご参加頂けるよう、スタッフ一同、皆様を万全の体制でお迎えいたします。ご賛同頂けます方は、下記をご確認の上、お申込みください。すでにお申込み済みの方はエントリーはご不要です。

今回は先着順とさせていただきます。定員に達した場合は締め切らせて頂きます。

【10月1日(金)17:00】までにお申し込み下さい。

当選の結果につきましては、10/3(日)までに該当の方々にメールにてご案内申し上げます。

 

【お願い】お申込み頂いている方で当日ご連絡のないキャンセルが何件かございました。

必ず前日、やむを得ぬ場合は当日、メール、電話でのご連絡をお願いいたします

 

●第7回 概要

講師 神崎 宣武 様(民俗学者、神主)

「託宣・説法・口寄せー呪術の声はいかにして生まれるか」

 

日時 10月14日(木)14:00~16:00(開場13:20)

90分講義+山根によるトーク30分(休憩なし)

会場 JR新橋駅銀座口より徒歩1分 貸会議室 AP新橋

料金 3,500円(税込)※当日のお支払い(領収書ご用意致します)

※交通費等については自費でお願いいたします

 

●ご応募頂ける方の条件

・「声の力を学ぶ連続講座」に過去出席された方、昨年受講予定だった方、「朗読指導者養成講座」修了生を優先と致します

・講座1週間前から、検温、感染防止対策などの体調管理を徹底して頂ける方

・不織布マスク着用、アルコール除菌、検温などのご協力を頂ける方

・講座前日までに体調を崩された場合、「ご辞退」のご連絡を頂ける方

・講座当日「37.5度」以上の発熱が確認された場合、入場をお断り頂くことに

同意いただける方

 

●お申込み方法

メールにて、ご応募ください

 

宛先 koe@yamane-motoyo.com

件名→ 声の講座 10/14 ご自身のお名前

本文→ お名前

住所、電話番号

 

※メールをお送り頂く際は、 @yamane-motoyo.com からのメールが受信できるよう

特に携帯アドレスの方は「指定受信」の設定をお願いいたします

メールが届かない場合は、ご案内不可となりますのでご注意ください。

 

〆切  【10月1日(金)17:00】

 

●ご応募をお控え頂きたい方

・健康にご不安のある方

・「ご応募頂ける方の条件」にご協力頂けない方

 

●ご受講頂く際の注意事項

・著作権保護等の観点から、録音、録画、撮影は一切お断りいたします。

・体調不良などによるキャンセルについてはキャンセル料などは発生致しません。

(無断キャンセルの方につきましては次回ご案内できない場合が

ございますので、何卒ご了承くださいませ)

 

●次回以降(11~3月)の募集について

ご希望の場合は、メールにてご連絡ください

2021年11月11日(木)三澤 洋史 様(新国立劇場首席合唱指揮者)

2021年12月9日(木)菅原 彩加 様(言語学者)

2022年1月13日(木)都 一中 様(一中節12世宗家)

2022年2月10日(木)渡邊 雄介 様(国際医療福祉大学、東京ボイスセンター センター長)

2022年3月10日(木)工藤 直子 様(詩人)

 

9/12(日)NHK「目撃!にっぽん」

NHK「目撃!にっぽん」のナレーションを山根基世が担当させて頂きました。

2021年9月12日(日)朝6:10~6:40
NHK総合
「目撃!にっぽん 新型コロナ重傷者病棟 終わりなき闘い」
※再放送 9月16日(木)17:00~17:30 NHK BS1

新型コロナの“第5波”。重症患者の治療にあたる集中治療室に密着取材。若い世代での重症化、デルタ株の脅威、満床状態になる集中治療室、スタッフの疲弊はピークに…。

新型コロナウイルスの“第5波”。重症患者の治療にあたる集中治療室に密着取材、東京オリンピック・パラリンピックの最中、医療現場で何が起きていたのかに迫る。若い世代での重症化、広がるデルタ株の脅威、満床状態になる集中治療室、そして、1年半以上続く闘いによってスタッフの疲弊はピークに・・・。医療現場のスタッフたちの格闘の日々。終わりなきウイルスとの闘いを追う。

詳細は番組ホームページをご覧ください
https://www.nhk.jp/p/mokugeki-nippon/ts/32M8QX25NV/episode/te/X4YL48W8GJ/

8/15(日)CBC「恥ずかしながら~残留日本兵 横井庄一と妻」放送!

東海地区のCBCテレビ制作のドキュメンタリーのナレーションを山根基世が担当させて頂きました。

8月15日(日)深夜1:25~(1時間)

「恥ずかしながら~残留日本兵 横井庄一と妻」

CBC放送エリア(※放送エリアが限られます 詳細は番組ホームページをご覧ください)

https://hicbc.com/tv/hazukashinagara/

8/14(土)「映像の世紀プレミアム」第20集放送!

山根基世がナレーションを担当しております、「映像の世紀プレミアム」第20集が放送されます。

「映像の世紀プレミアム~第20集 中国”革命”の血と涙」

8月14日(土)19:30~21:00

NHK BSプレミアム

詳しくは番組ホームページをご覧ください

https://www4.nhk.or.jp/P4235/

8/15(日)再放送(エリア限定)「テレメンタリー2021」

テレビ朝日系列24局が共同で制作している「テレメンタリー2021」。

今回、東日本放送制作のナレーションを山根基世が担当させて頂きました。
「拭えぬ不安 避難計画~福島の教訓はどこに~」
宮城県が地元同意をし、再稼働が迫る東北電力女川原発。立地する女川町内では原発との共存共栄をうたい、再稼働を切望する声が上がる。だが、万が一事故が起きた場合の避難計画は、実効性に疑問符が付いたままだ。東日本大震災を体験した地元住民は不安を抱く。女川原発と同じく、津波で浸水した東海第二原発は、避難計画の不備を理由に運転差し止めを命じる司法判断がされた。10年前の福島の教訓はどのように生かされているのだろうか。

▶再放送 東日本放送エリア(エリアにて時間等異なりますので番組ホームページをご覧ください)

2021年8月15日(日)10:00~

2021年6月27日(日)4:30~5:00

「テレメンタリー2021~拭えぬ不安 避難計画~福島の教訓はどこに~」

テレビ朝日(地域によって放送日が異なりますので、ホームページでご確認ください)

※東日本放送(仙台)は 6月28日(月)25:31~26:01

番組公式ページ https://www.tv-asahi.co.jp/telementary/backnumber/0078/

書籍紹介

一覧へ

新刊

ちっちゃな木のおはなし

出版社:評論社

きっと きっと まもってあげる

出版社:評論社

山根基世の朗読読本

出版社:評論社