子どもの言葉を育てましょう 地域とともに子どもの言葉を育てる活動をしています。大人と子どもがふれあい、つながりを取り戻しながら言葉を学び、言葉の力を身につけていく。そんな活動をみなさまの地域でも始めてみませんか。

声の力を学ぶ 連続講座

Report みんなでごんぎつねプロジェクト

ちっちゃな木のおはなし

こころの声を「聴く力」

お知らせ

一覧へ

第3期「声の力を学ぶ連続講座」は2月24日(月・祝)より募集開始します

この4月より3期目となる「声の力を学ぶ連続講座」の連続会員(年間通して受講いただく会員)募集は、2月24日(月・祝)より募集開始いたします。

<告知方法>

・当ホームページ

http://www.yamane-motoyo.com/info/?cat=6

・「声の力を学ぶ連続講座」Facebook

https://www.facebook.com/koenochikara/

<応募方法>

告知時の概要をご熟読の上、メールにてお申込みください。

先着順ではありません。抽選になります。当否はメールでの当選通知をもって発表させていただきますので、予めご了承くださいませ。

2019年度シチズン・オブ・ザ・イヤー受賞者が決定しました!

「シチズン・オブ・ザ・イヤー」とは、シチズン時計株式会社が、市民社会に感動を与えた人々を選び、毎年その行動や活動などを讃えるもので、山根基世が選考委員長を務めさせていただいております。

2019年度の詳細は、公式ページをご覧ください

公式ページ https://www.citizen.co.jp/coy/index.html

※公式サイトより引用

2月16日(日)TBS ドキュメンタリー「ザ・フォーカス」ナレーションを担当します

TBS JNNドキュメンタリー「ザ・フォーカス」で山根基世がナレーションを担当させていただきました。

放送 2020年2月16日(日)深夜1:20~

TBS系列で放送

JNNドキュメンタリー「ザ・フォーカス」

「外交官が綴った妻への手紙 〜ソ連からの“返還”交渉〜」

 

深夜若者ゾーンに問うちょっとアナクロな直球勝負の報道番組

戦後70年以上経った今も解決していない「北方領土問題」。日本とロシアが交渉の基礎と位置づけているのが、1956年に結ばれた「日ソ共同宣言」だ。
日ソ交渉を日本側の全権大使として担ったのは、外務次官や駐英大使を歴任した外交官・松本俊一。現在に繋がる外交交渉はどのように行われたのか。取材を進めると、松本が交渉中、会談場所・ロンドンから日本で待つ妻へ近況を伝えるために送っていた数十通の手紙が見つかった。
国内政治や、冷戦下の米ソ対立に翻弄されながら進められた日ソ交渉のさなか、妻だけに打ち明けた苦悩。対外的には決して表に出すことの出来ない交渉の舞台裏。手紙には、国を背負ってソビエトと対峙する外交官の「本音」に加え、未だ日本政府が資料を公開していない“アメリカの恫喝”を裏付ける内容が、克明に記されていた。
生前、北方領土返還を願い続けた男が果たした役割とは。松本が明かした交渉の内幕から見えてきたものは、今の外交交渉に繋がるものだった。

番組公式ページより引用

公式ページ https://www.tbs.co.jp/jnn-thefocus/

2月11日(火)よりTBSラジオ オリジナルドラマ「半沢直樹~敗れし者の物語」のナレーションを担当します!

TBSラジオ オリジナルドラマ「半沢直樹 敗れし者の物語 By Audio Movie(R)」

のナレーションを山根基世が担当いたします。

2020年2月11日(火・祝)スタート
毎週火曜日 ACTION内 16時10分頃から 約10分間

 

半沢直樹に「倍返し」され敗れ去った人々。彼らはその後の人生をどう歩んでいるのか。
2020年4月「半沢直樹」新シリーズ放送開始を前に、TBSラジオでは「半沢直樹」オリジナルオーディオドラマを2020年2月11日(火・祝)から2か月に渡り放送します。
ラジオ放送やradikoでの放送に加え、今回はAudioMovie(R)で音声ストリーミング配信も行います。
radikoと合わせてデジタルツールでもコンテンツがお楽しみいただける状況を作り出し、時間や場所を問わずオリジナルオーディオドラマを届けます。

(オフィシャルサイトより引用)

 

公式サイト ACTION番組公式ホームページ

https://www.tbs.co.jp/radio/hanzawa_naoki/

3月のスケジュール更新しました

書籍紹介

一覧へ

新刊

ちっちゃな木のおはなし

出版社:評論社

きっと きっと まもってあげる

出版社:評論社

山根基世の朗読読本

出版社:評論社